後先を考えてなら便利です。

怪我や病気が続いてしまい、生活費に困ったことがありました。その時カードローンでなんとかやり過ごして、元気になってから必死に返済をしました。とても便利ですが、つい借り過ぎてしまってその後の返済が大変でした。何かあった時は助かりますが、やはり後の返済のことを考えて、しっかりと計画性を持った使い方をするべきだと実感しました。「返済なんて、なんとかなる」という甘い考え方でカードローンするのは怖いなと思います。

そもそも、お金を借りるということが怖いのです。

残念ながらカードローンを利用したことがありません。そもそもお金を借りるということが私的には怖いのです。この先の生活がどうなるかも分からない世の中で、働いてればこれだけ返せるだろうという、あくまで一つの予定というだけでしかないわけです。なのでカードローンを使うということは基本的に考えられません。出来れば借金しないで済むような生活を心がけています。物を買う時もなるべく現金ですし、カードで支払う場合はきちんと残高を確認してから買います。お金がない時は借りてまで買おうとは思いません。

カードローンへの古い感覚?!

以前に比べて、カードローン等お金を借りることに関してのハードルが低くなったように思います。

個人の主観ですが、カードローンのほうが、金融機関や消費者金融等でお金を借りるより気軽に借りれそうに感じます。

消費者金融だと、店舗まで足を運ぶ際に、少し躊躇してしまいそうですが、カードローンだとカードでの買物の延長のような気分になりそうです。

逆にその手軽さが、借金地獄に陥りやすいような気もします。

お金を借りてまで、何かを購入する気持ちが全く理解できませんが、うまく利用(活用)できればお得なのかもしれません。

生活費が足りない人のためのカードローン

カードローンを使う、または、使わざるを得ない人は現状の生活に満足できていない。

まずは、1万円から借りる。しかし、毎月1万円足りない生活をしているわけですから、翌月に1万円返済しても、やはり1万円足りず、結果2万円足りないという生活をする。

これを毎月繰り返すことになり、1万が2万に4万にと雪だるま式に借金がかさむ。

そして、借入限度額に達したころ、順調に返済できていると、限度額がアップする。

そして、さらに借り続けることとなる。

経験上から、普通のサラリーマンでも30万以上は借りるべきではないです。

元本返済額と利息が逆転し始めるのも30万から50万が境界線であるからです。

その後は、ローン返済に追われながら働き続ける生活になるでしょう。

したがって、生活資金補充のためのカードローンの利用はやめるべきだと感じてます。

冠婚葬祭のような急な出費で、あとで穴埋めできる場合に限るべきでしょう。

カードローンについて思うこと

カードローンについて、私はとても怖いものであると感じている。

一度カードローンを利用してしまうと、簡単にお金が手に入ることを覚えてしまう。

すると、手元にお金が無くなると、つい借りてしまう。

このようなことを繰り返していると、気が付いた時には利息を返していくだけで苦しむことになる。

つまり、大きな借金で首が回らなくなる。

このことから、絶対に手を出してはいけないものであり、必要なもの、欲しいものがある場合は、地道にコツコツと働いてお金を稼いでから買うべきだと感じる。

総量規制対象外カードローン-審査に通って即日融資を受ける方法|専業主婦借入なびwk38
(⇒http://www.ec-attr.com/)

エントリー一覧